上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 別にマイナーな武将ではないのですがカテゴリー的にここへ入れるのが一番良いんじゃないかと。今回はSR諸葛亮について考えてみたいと思います。今回は三段構成で行きたいと思います。諸葛亮のスペック的なもの、諸葛亮を生かすデッキ、実際に使ってみてって感じになるかな?

まずはSR諸葛亮のスペック的なことから

SR諸葛亮 所属勢力 蜀
武力2 知力10 伏兵魅力
計略 破壊の豪雷 必要士気8 範囲内(今のところ敵陣地)に5本の雷を落とし、それぞれいずれかの敵に雷によるダメージをあたえる。ダメージは互いの知力で上下する

SR諸葛亮の扱いは?

 SR諸葛亮はそもそも使われているのだろうか?ガチで戦っている方々を見回してみるもそうそう出会えないが必殺の計略ではよく見かけたりする。諸葛亮といえば自分はEX1のアゴナシ諸葛亮の武力8なのですがそんな人はめったに居ないでしょう。一時期SR曹操SR周瑜と並べて伏兵ケニアとか言って夢の世界に行こうとして夢の世界にすら行ききれなかったのは内緒だ。武将使用ランキングでも見ないし世間の評価は低いようだ。いや、最初のころはみんな結構使ったんだと思う。諸葛亮だしSRだし、何よりこの威圧感ある絵と計略名。強いぜオーラがぷんぷんとしている。しかしながら品が上がり思考が進むにつれ伏兵1.5枠では徐庶、SRホウ統に使用枠を抜かれる。ひょっとすると馬岱より使われていないかもしれない。なぜ使われないのか?



SR諸葛亮、その欠点は?

 まずは使われない理由から探り出してみたいと思う。1.5で武力2、まずはここだと思う。1.5ならせめて徐庶、司馬懿の武力3は欲しいところだ。知力10よりも重要だと思う。次に上がるのはその計略、撃てれば強いのだが必要士気奮起の大号令してお釣りが来ますね。そして相手の城の前にランダムで5本の雷を落とす。あまりにもランダム要素が強いと思います。6人出すと確実に一人は無傷ですよ奥さん。しかもランダムだから呂布ワラで呂布が残ったりした日にはもう目も当てられませんね。8で打つにしてはあまりにも効率が悪すぎます。計略の範囲がせめてSRホウ統みたいだったらと思います。反計されにくいのは重要ですが防衛に使えないのは厳しいです。使用率が火計>落雷>水計なのはそこなんだと思います。陸遜が威力が上がってもR周瑜が使われる理由もそこにあると思います(本人のスペックもだけど)

はどこを使いましょう?

 使える部分と使えない部分に分けていくと何かアンコウの吊るして捌くあれみたいな感じですね。まぁアン肝を探してみましょう。武力と計略に目を当てないとすると残っている部分は魅力、伏兵、知力10・・・戦闘にあまり関係ないなぁ・・・。計略は連打できれば使えるに入らなくも無いんですが連打のための于吉老人はやりすぎ調整ですぐ息切れしますし鼓舞の舞は・・・んー。伏さんがやっていますからねぇ。どうしましょう?
 魅力を中心にすると魅力を持っていることによる早期の計略決戦ですね。耳に新しいところで行くと魅力持ちを大量に入れて郭図で士気を増やしその差による虚誘掩殺の計で開幕押し切るアカギデッキ。全武将が○○な人による魅力持ち多めに入れて隙無き攻勢を掛けそのキャッシュバックからの天啓。古いところでは魅力持ち+馬謖からの桃園、開幕挑発から兵法連環で相手を足止めする鬼挑発かな?このタイプ中から選ぶなら伏兵を生かして序盤守り田豊から何かに繋ぎつつ裏の選択肢で豪雷なんですが何につなぐかなぁ?保留で、伏兵っていう時点で開幕した瞬間にに完全に押し切るタイプは相性悪そうなんですよね。
 伏兵を中心にすると今度はネタ臭くなります。今自分が使っていた伏兵大目のデッキに入れると張任か黄祖が消えますね。コスト2で蹴散らせる方は・・・黄忠か馬超?じりじり戦うタイプだから士気は浮くんですが不安は残りますね。馬鹿連環を諦めると単純に勝ち手が減って厳しくなります。全武将が伏兵なんて多分無理だと思いますし。まぁ一応候補1?馬鹿掛けて相手が帰った後にラインを上げて防衛に出てきたときに豪雷を打ってみる?
 残るは知力10か。知力の効果は妨害への耐性と伏兵のダメージ、そしてダメージ計略に対する耐性の3つ、自分の知力で出来るのはね。あと豪雷の威力か。
 ダメ計妨害に強い?魅力で早期に号令が打てる?ひょっとするか?

知力のススメ

 高い知力があるとダメージ計略、妨害計略に対して大きな耐性が出来る。そして魅力。この恩恵を受けることによって暴れられる計略があった。それは桃園、劉備自身がちょっと不安だが諸葛亮は12/10になる。そして焼かれない、ひゃっほい。諸葛亮が生きないだって?そんなことは無い。まず全員出して桃園を匂わせる。自分のラインを半分くらいまで上げたときに相手がどう動くかで勝負を掛ける。相手が真っ向勝負を掛けてくるのなら桃園ではなく豪雷を打つ。豪雷を警戒して出し惜しみをするのなら桃園で蹴散らしてしまえばいい。たかが武力+10。されど武力+10なのだ。この方向性を候補2にしてデッキを考えてみたい。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://higemattyo.blog50.fc2.com/tb.php/55-7992e777
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。