上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.03.02 渾身の・・・
ミスですね。今日の戦績は1勝2敗。
 一勝一敗の方は伏さんに影響されて諸葛亮使ってきました、EXですが。内容は前コメントに書いたまんまの諸葛亮、黄祖、張任、Rホウ統、劉表、陳珪陳登。作り上げた経緯は陳珪陳登を使うこととEX諸葛亮を使うことを同時に考えていたらシンクロしたんですよね。しかももう一個の考え中のデッキの中で。
 考えていたもう一個の方が馬鹿+挑発で無理やり伏兵を踏ませること。そこに伏兵の諸葛亮+挑発の陳珪陳登が入って1.5枠×2は戦闘員が良いと判断し伏兵も兼ねた二人が、残りコスト1で馬鹿連環もできるようになるということでRホウ統が入る。
 平均武力が低いせいで最初から最後まで「凌ぐ」戦いになります。まぁ楽しいですよ。相手が何を警戒しているかでどう攻めるか決めたり無理やりパターンに持ち込んだりね。今日やったときは兵法が再起しか無かったのが最大の敗因だと思っている。サブサブICでやったんでね。メインで連環だったら勝ててた。
 もう一戦の方は・・・

相手は呉バラだった。こっちのミス負けでしかも降格(´・ω・`)
凹みますよ、張り付いていたはずの周倉が歩いて攻城されて武力差負け。
相手:R孫策、R周瑜、R孫権、UC呂蒙、呉夫人

 ハイハイワロスワロス。これ系は多すぎる。多分4品になったらこれとしょっちゅうやるんだろうな。その次は董卓か・・・だりぃ。みんな同じだとツマランヨ。麻痺矢天啓が麻痺矢暴虐になっただけでオリジナルとか言っているくらいしょんぼりなオリジナリティ。あんまり変わらんて。
 まぁ序盤、相手の腕を見るべく引いてみる。向こうは何もしてこない=周瑜でこっちの伏兵を探しているのでラインを押し上げて殺しに行く。相手が慌てて体勢を整えようとするも孫策が伏兵にびびって機能しない以上はそこまで怖くは無い。多分正面には周倉をうろうろさせているからサイドからの孫策を読み両サイドの重要な武将の前に伏兵を置く。左サイドから孫策が少しもたつきながら虞翻に突進して張任を踏み撤退するといきなり手腕発動。失ったのは十常侍と虞翻だったかな?呂蒙が走ってくるのでさっさと下がって弓を打つ。下がったついでに兵力を回復し、また攻めあがろうと体勢を整えると相手も走ってくる。十常侍の復活が間に合っていればこっちの勝ちだったが間に合わない。ぶっ放し蛮勇とか適当手腕とか入ったらとりあえず赤壁とかしてくると思ったので早めに馬鹿。相手は何故か引く。総合戦闘力では思いっきり劣っているし号令系は基本時間が長いため十分に押し切れると思うんだが引いたものは仕方が無いのでこっちは攻める。相手が周瑜、孫権、呂蒙と纏まって城の前に居たので密通、周瑜は流石に指鹿為馬切れてたけど他は延々と続く。殲滅しながら様子を少し見ると中央から孫策来たので兵法連関、多分蛮勇を打たないという読みから。打たれると死ぬ。今回一緒のタイミングで存在してはいけないのは周瑜と孫策、こいつらが二人でサイド走ってきたら相当つらいと思う。なので孫策から潰す。虞翻は攻城へ。一発殴りこっちも足並みが乱れ始めたので下がることを考える。こっちの被害はその時点で十常侍、周倉。向こうは孫策、呂蒙、呉夫人。で虞翻を周瑜が止めに来るも禿が射殺す。相手は再起。こっちは他を帰して虞翻を残すも撤退させられる。今度は相手が攻めるもことごとく相打つ。相打たなかった部分は禿の火計で帳消しにする。で残り数カウントで呉下の阿蒙を相手の城の前で打たれて放置、こっちによってきたので周倉で張り付いて終わるじゃんとか思っていたら周倉お散歩して殴られて負け。
 相手を舐めてたわけじゃないんだけどなぁ。まぁ負けは負け。ミスはいかんよぉ。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://higemattyo.blog50.fc2.com/tb.php/54-ffa97201
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。