上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.02.20 ぼ、僕が一番
十常侍をうまく使える気がするだけさ。
まぁ強いよ十常侍、強いよ。アシミニ覇王的には士気差は重要と仰ってますがその辺もVerUP後の変更でクリア。前回は4使って4相手にあげてたのを4使って2あげるだけなので(確認したぞ)士気差6、離間と変わらない上に離間よりも数が打てる。ハァハァですよ。

全体的に低武力がきついよという話ですがそこはあまり気にしていないので良し。武力1弓は妨害として主に計算しておりダメージはそこまで期待していない。殺すのは朱治、1.5コンビ、周倉の役目だと思っています。素早く相手の戦力を見抜いて配置するのが重要、あと朱桓、虞翻の位置もね。

あとは武力1差同士の格差がでかくなった=武力低下がよく効くなので十常侍強いよ。それよっか連環の法の弱体化が危険、把握して無いとピンチだった。守りに使う分には良いけど奇襲的な攻めに使うのは厳しい。今日失敗して泣きそうになった。レベル2分くらいマイナスかな?よう分からんから調べんと。

今日の戦跡 三連勝 うっほい

一戦目:SR張遼、SR関羽、SR報徳、SRカク
 連環の法による奇襲について昨日思いついたので試そうかと考えてた。騎馬対策ではなく相手の視点から見た場合に自分のデッキには一点突破で柵を壊してそこから壊滅させたいと考えるだろうから一枚の柵に集中して武将を当ててきて壊滅させようと柵の中に入ってきたら連環をかけ攻めあがろうという読み。上がるのは一人か二人だけどね。
で開幕、三機フラットに配置され左端に二人、真ん中に一人で柵を壊しに来たので奇襲は掛けず正攻法で。柵の色と睨めっこしながら左の柵が壊れそうになったら左端の武将を引く。そして加速する前に移動先の武将を引いていって移動した後に弓兵を出し妨害する。そうしている間に十常侍をカクに踏まれてイーブン。逃げる前に撃ち殺す。カンウは逃げ帰り張遼、報徳が残り攻城を狙う。弓で凌ぐも距離感のミスから一発貰う。そして報徳を殺しこっちのターン。攻め上がり張り付くと関羽、カクが出てきたので攻城部隊を一箇所に寄せる振りをして密通。相手は再起、カクが落ちてこっちは連環で朱治が一発返す。離間を食らった関羽を朱桓が落としその間に十常侍、劉表、虞翻、周倉が一発づつ殴り連環が切れる。この間に相手全滅しカク、関羽で攻め上がり鬼神を使う。弓で凌ぐも復活した報徳まで来て一発門を殴られピンチなので火計を撃つ。報徳はちょい残りカンウは死ぬ。カクも死んでた。ここでゲームセット。
 多分、つるべ弓を使うよりも柵越しに撃った方が効率よかったかもしれない。でも中盤に柵がなくなるのはちょい困るからあれでよかったか。報徳一発は失敗だがほぼ無傷で前半折り返したあたりキモくなってきたなぁと思った。十常侍で相手の計略のやる気をそいだのも正解だったかな、関羽に意外と長く続いた。まだまだ未知数。

二戦目:呂姫、カンスイ、ギゾク、メイド、ゴリ、十常侍、周倉?
 凉他七枚デッキ、軽くミラーマッチな気分。ごたごたしててあんまり覚えていない。馬大目で開幕押してくると思ったので一戦目にやり損ねたことをやろうかと考える。相手の配置は右に冥土一人。あとは固まってるので柵に触れて黄色くなった瞬間に兵法連環で二人(失念)上げてほかで殲滅に当たる。張任の伏兵はおまけだと思っているのでいつも適当。十常侍を踏んだのかな?戻って射的、向こうはカンスイを戻してこっちの攻城を防ごうとする。頭の中では右端の弓が届いていないやつに一発殴られつつ二発殴ってOKだと思うも連環が短くなっていて相手間に合う。残念、そしてこちらはやはり一発殴られるも姫が十常侍を踏み相手はカンスイとギゾクだけ(周倉が中で復活していたかもしれない)になる。すかさず攻めあがるとカンスイが反逆の狼煙を上げこっちは火計、こっちの攻城は二発か三発で終わった上に向こうが再起してほぼ壊滅させられる。こっちの残り手は朱治と周倉だけで呂姫とか色々防ぐ羽目に。とりあえず周倉ワイパーでゴリとメイドを削るとゴリと一騎打ち、勝利。相手はわざわざ柵を壊してくれたのでメイドから一発貰いながら処理。張任やら色々復活し、こっちの体勢が整う。攻めあがると向こうの守りは呂姫、カンスイ、ギゾク、周倉だったはず。相手周倉を張任が瞬殺して張り付く、呂姫、カンスイが城門、左端にギゾク。呂姫が強化したので虞翻使おうとしたら蒸発、仕方が無いので朱桓でカンスイと呂姫を落としギゾクを朱桓が白兵戦で落とす。ここで二発くらい殴って相手復活。残り時間わずかなので張り付き続けて時間を稼ぐ。こっちで守りまで持ちそうなのは周倉だけだったので。十常侍が相手城門で頑張り相手は十常侍に一人貼り付けてこっちに攻めあがるもゲームセット。
 結構きつかった、ギゾク→騎馬で結構厳しかった気もするもこのデッキと戦ってからの総括なのでまぁ、ね。呂姫はマジ怖い、連発されると怖かった、むしろ昇竜みたいな感じでぶっぱされまくると死ねると思う。足並み乱して呂姫がいるときにはあまり頭数がいないようにせんと。多分二回目の攻めのときに柵無視してたら危なかったしあそこで無理やり天下無双してるとわかんなかった。出来なかったのか防戦に頭を回していたのかだがなんにしろ助かった。あと最初の連環は凹んだ。相手に騎馬大目のときはやめたほうがいいのかもしれない。ただ相手は真っ直ぐ城内に戻って出てきたけどこれが直線的に行ってたら朱桓で射殺できたと思うと微妙。

三戦目:SR子守、R劉備、R黄忠、C夏侯月鬼、R法統
 桃園とか久々に見た。火計あるし十常侍居るし押し切られはせんと思うけど武力関係で押し切れる気もしない。こっち優勢の引き分けになりそうなのでどっかで穴見つけて奇襲掛けないといけないかと思う。
開幕はお互い様子見。子守と法統で伏兵を探しているらしい。しょうがないので槍をちらつかせ子守を牽制しながらラインを上げて黄忠と打ち合いながら張任を黄忠に踏ませる。十常侍は伏兵のまま。踏んだら黄忠が確殺、劉備が瀕死なので桃園の抑止になると思ったから。あと忘れて固まってくれれば旨いから、そのまま攻城出来るしね。黄忠を殺し周倉が瀕死で法統を踏み月姫を殺す。そのままラインを上げると法統がまさかの連環で劉表、朱桓が固まるもそのまま朱治、虞翻で攻めて固まった二人は弓を打つ構え。相手が劉備、子守を出してきたので火計を撃ってみるもどっちも死なず瀕死で子守は帰る。劉備は殺せたのでそのまま張り付こうとしたら黄忠が出てきたので帰る。惜しすぎたかなぁ。お互い回復を待って総力戦。向こうは士気満タンなんじゃないかな?で攻めあがってきたので柵を挟んで弓で撃つも子守が神速使って来て密通を姫、髭、子守に掛けて遅くしてみる・・・この熱さ、とまらねぇ!!相手は貰った士気を利用して落雷、みんな元気だけど子守怖いのでやぐらを挟んで撃つ、周倉と十常侍をその間に両端から上げて連環。張り付く前に相手の子守、月姫を落とすと相手が再起→子守が周倉、月姫が十常侍に張り付き髭弓マウントで劉備が突っ込んでくる。張任城内乱戦するも落とされ虞翻で妨害しながら朱桓が頑張る。朱桓が髭を落としこっちは判断ミスで虞翻を落としてしまう。そのころ相手は必死で十常侍が移動したのに気づくのが一瞬遅れて攻城を許す。リードした体勢で月姫を十常侍が、周倉を子守が落とし子守が神速で十常侍を落としこっちに走ってきたので朱桓の火計で焼いとく。残りカウントも少なかったので様子見がてら朱治、朱桓、劉表で前に行くと子守、劉備、黄忠で誓われるもゲームセット。
 セオリー的には相手の城前で号令を使わせるために前に行くべきなんだろうけど火計やらあるから気にしていなかった。むしろ子守が怖い、全力。序盤の法統の士気を神速に回されてたら死んでた。よく考えると危ない。調子に乗ってライン上げすぎた。まぁ三戦目だしいいかなぁ?三戦目は極力アグレッシブに大きく動いて相手の出方とか対処法とかそういうのを吸収したいなぁ。


 今日思いついた暴虐対策、コインを入れる前に十常時に「暴虐に当たりませんように」とNEI猫覇王スタイルでお願いする。完璧。白馬陣で凌げそうだけど馬使ってないからなぁ。麻痺矢も無理だなぁ、あと神速かぁ・・・
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://higemattyo.blog50.fc2.com/tb.php/28-0f1d467e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。