上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2006.05.21 弱点を鍛える
 自分はあからさまな弱点を三国志でもいくつか抱えていてそれを見せないようにしながら且つ尖った部分だけを相手に突きつけて勝負しています。
弱点1、高コストの扱いが苦手。
多分R,SRを使わないからだし苦手だから使わないのでしょう。考え方に合わないしね。3のコストを3で使うよりは1.5二人に分けて片方を攻城に、片方を守りに向けたほうがいいと思っている。ものすごい極端。このゲームは高武力で敵を押し倒すゲームではなく相手の城を削るゲームなのでいかに相手に攻城させずに攻城するかだと思ってしまいます。あと3を1.5二人に分けると3というコストが背負うリスクもそれぞれに半分ずつになり片方は生き残るとかいう考え方もします。だから大きなリスクを背負ったときの対処法を知らないのだと思います。
弱点2、騎馬が扱えない
神速や覇王デッキを使うと10品まで落ちます。マジです。後ろから解説するくらいなら出来ますがあんなのどう攻めていいか分かりません。だから神速等の騎馬主体デッキにはどう守ればいいのかが今ひとつです。突撃とかは出来るけど攻めを突撃をダメージ源にして組み立てることが出来ません。接触ダメージも若干は食らいますしね。

つーことで騎馬主体のケニアは流石に無理なのでfan覇王の魏4からやってみました。結果
周瑜、荀攸、周瑜:0
無理す。ダメージ計略はいつも配置でリスク分散して迷っている間に指鹿為馬で何とかしてたのでいざ真正面から喰らうとなるとどうしていいか分かりませんでした。とりあえず動画とか見て考えてきます。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://higemattyo.blog50.fc2.com/tb.php/171-7dd5946a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。